読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マダカレークッテナイデショー

お仕事SE、趣味ドラム

【音楽を嗜む】アート・ブレイキー

最近、ジャズをお勉強中。(勉強、というのも変だけど)

 

「このピアノの人かっけー」とか「やっぱトランペットの音ええなあ」とか、ドラムにしても「このフレーズすげー」だけじゃなく、「このタッチむずかしそうやなあ」とか「音づくりちゃうなあ」とか。

 

18からドラムを始めてそのままずっとやってきたので、ドラム以外はなーんとなくでしか聞いていませんでした。でも最近は、目が向かなかったところに視線が移ってきてる感じがします。(若干の今更感もある)

 

いろいろ聞き漁ってみてもまだまだ当たり外れが大きくて、自分がどういうのが好きなのかを探るべく、体系的に知識として知りたいな~と思って最近はこんなのを読んだりしてます。

 

ジャズのすゝめ (Rittor Music mook)

ジャズのすゝめ (Rittor Music mook)

 

 (↑発売日がまだ先だけど、アマゾンで予約してたらなんか今日届いた)

 

Jazz The New Chapter~ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平 (シンコー・ミュージックMOOK)

Jazz The New Chapter~ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平 (シンコー・ミュージックMOOK)

 

 

前者の本に、タイトルにあるアート・ブレイキーが登場してたのですが、「ファンキージャズ」というものを流行らせた人なのですね。(ファンキージャズがなんなのかよくわかってない)

 


Art Blakey & the Jazz Messengers - Moanin'

いろんな情報源から切り口を見つけて、そこからちょいちょい掘り下げていく聞き方をしてるのですが、また切り口をひとつ見つけました。

 

スウィングとかビバップとかモダンとか、いろんなとこで「これがあれ、それがどれ」とかいったんは覚えるのだけど、どうしても体系化されない。

 

おべんきょうおべんきょう。